1型糖尿病

「1型糖尿病」にかかる確率は、日本では約10万人に1人です。

「1型糖尿病」とは、膵臓がインスリンを産生できなくなる病気です。 糖尿病患者の99%を占める2型糖尿病とは異なり、生活習慣病や先天性疾患ではなく、主に小児が罹患する原因不明の難病です。

「1型糖尿病」の治療

「1型糖尿病」の治療法には、臓器移植を受けるか、血糖値を監視しながら1日に数回のインスリン注射を生涯続けることが含まれます。

疾患の概要と数値の出典: 1 型糖尿病 IDDM レポート 2011 [2017 年 11 月 1 日参照]

1型糖尿病_メイキング1

MY STORY

9歳の時に1型糖尿病と診断されたKさん。
疾患がわかったときは「しんどいのは病気のせいだった」と分かり、ほっとしたそうです。
1型糖尿病はどんな病気なのでしょう?

-疾患について教えてください。

糖尿病には主に2種類あり、世間によく知られている生活習慣や遺伝からなるのは2型糖尿病ですが、私がかかっているのは1型糖尿病です。1型糖尿病は生活習慣や遺伝に関係なく発症します。インスリンが自分で分泌できなくなる病気で、放っておくと血糖値が高くなりすぎるため、強い疲労感や異常な喉の渇き、ひどい時は昏睡状態になることもあります。

-生活する上で困ることはありますか?

インスリンを注射しないと生きていけないことです。災害時などインスリンが手に入らない事態に陥った時に、命に関わってしまうのです。また、インスリンの自己注射で血糖値を正常値にコントロールするのが、針の穴に糸を通すように難しいです。いつも血糖値のことを考え、いつも症状を感じています。体調の変動がある分、「人と同じように行動するには人の3倍努力しなきゃ」とプレッシャーを感じることもあります。でも、できるだけ症状に振り回されず、やりたいことを諦めないように生活しています。

-まわりの人にしてほしいことはありますか?

身近にいる人たちが心の壁をつくらず接してくれるのが一番うれしいです。できたら、初対面の方にも「糖尿病」というイメージにとらわれずに接してくれたらいいなと思います。私自身も気をつけつつ、まわりの人と壁をつくらないような関係性を築いていきたいです。

1型糖尿病_メイキング2

FAQ.

Q1. 1型糖尿病ってどんな病気?

1型糖尿病は、膵臓で大切な働きをするβ細胞が壊れてしまい、インスリンが足りなくなる病気です。インスリンは、食べ物から摂取したブドウ糖をエネルギーとして利用するための鍵のようなもの。1型糖尿病になると、この鍵が足りなくなって血糖値がずっと高くなってしまいます。

Q2. どうして1型糖尿病になるの?

1型糖尿病の原因は完全には解明されていませんが、自分の免疫システムが本来攻撃すべきでないβ細胞を誤って攻撃してしまう自己免疫疾患と考えられています。遺伝や環境要因も関与している可能性があります。

Q3. 1型糖尿病の症状は?

主な症状は「4つの多」として知られています。
多飲(のどが渇いて、たくさん水を飲む)
多尿(尿量が多くなる)
多食(いつもよりたくさん食べる)
体重減少(体重が減る)
他にも、口が渇く、疲れやすい、視力のかすみなどが見られることも。急激にこれらの症状が出ることもあります。

Q4. どうやって1型糖尿病と診断するの?

血液検査では血糖値やヘモグロビンA1c(過去2〜3ヶ月の平均的な血糖値)を調べたり、尿検査で尿にブドウ糖が出ていないか確認します。必要に応じて、インスリン分泌能力を調べる検査なども行われます。

Q5. 1型糖尿病の治療法はあるの?

1型糖尿病は完全に治すことはできませんが、インスリン注射やインスリンポンプを使って不足しているインスリンを補うことで、血糖値をコントロールして健康的な生活を送ることが可能です。

Q6. 1型糖尿病ではどんな食事制限があるの?

バランスの良い食事を心がけるのが大切ですが、厳格な制限はありません。自分の血糖値と相談しながら、上手に調節する知識と習慣を身につけていきます。

Q7. 1型糖尿病は合併症を引き起こすの?

血糖値が高い状態が続くと、目、腎臓、神経に負担がかかり、網膜症、腎症、神経障害などの合併症を引き起こすおそれがあります。日々の血糖値管理が重要です。

Q8. 1型糖尿病の人は運動はできるの?

むしろ、適度な運動は血糖値を下げる効果があります。医師と相談しながら自分に合った運動を見つけて続けましょう。

Q9. 1型糖尿病の人も普通の生活はできる?

適切な血糖値コントロールと自己管理を身につければ、普通の生活を送ることができます。サポート団体や医療機関も頼りになります。

Q10. 1型糖尿病の未来の治療法は?

膵臓移植や細胞移植による根治を目指す研究が進んでいます。また、血糖値を自動的に調整してくれる人工膵臓などの新しい治療法の開発も進められています。

Leave a Comment