筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群

筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群にかかる確率 日本人の約353人に1人。

筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群は、原因不明の重度の全身倦怠感に加え、微熱、頭痛、脱力感、憂うつ感などが長期間続き、健康的な生活を送ることが困難になります。 問題は、この病気の認知度が低く、正しい診断ができる医師が少ないため、家族や職場がこの病気を理解しにくいことです。

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の病気の概要と数値の出典:


筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群の原因疾患の概要と数値は以下の通りです。

  • 慢性疲労症候群の病態解明研究グループ
  • 革新的な診断法の開発
  • 治療法

(平成25年度厚生労働省研究事業) 【2016年10月21日参照】

筋痛性脳脊髄炎_慢性疲労症候群_メイキング

MY STORY

京都の小さな町に住む女性、田中恵美子。恵美子は四季折々の美しい風景の中で、その鮮やかな色彩をキャンバスに収めることに情熱を傾けるアーティストでした。しかし、彼女の人生は「筋痛性脳脊髄炎」および「慢性疲労症候群」の診断によって予測できない方向に向かいました。

恵美子はかつてエネルギッシュで生き生きとした魂だった。彼女の日々はアートに心を傾け、自宅周辺の美しい風景を探索する喜びで満ちていました。しかし、病気が次第に進行するにつれ、恵美子は痛みと疲労に襲われる容赦ないサイクルに巻き込まれました。

最初の症状は微妙でした。筋肉の持続的な痛みと、どれだけ休んでも消えない疲労感。それでも進みたいという彼女の強い意志で、恵美子はアート制作に情熱を注ぎ続けました。しかし、かつて筆から自然に流れるような生き生きとした筆触が課題となり、それぞれの動きが「筋痛性脳脊髄炎」と「慢性疲労症候群」による彼女の体の重みを伴うようになりました。

日が経つにつれ、恵美子の世界は縮小していきました。彼女の絵画から失われた鮮やかな色彩は、彼女自身の人生の中で光が薄れていくのと同じでした。彼女は社交的なイベントから距離を置き、家の静かな隅に慰めを見出すようになりました。「筋痛性脳脊髄炎」および「慢性疲労症候群」によって形成された制約の影響で、かつて賑やかだった京都の通りは遠い思い出となり、それを取り囲む孤立感が彼女の病気と共に存在しました。

しかし、恵美子の精神は折れませんでした。「筋痛性脳脊髄炎」および「慢性疲労症候群」に屈することなく、彼女は新しい方法で創造力を発揮しました。屈強な体がもたらす制約を乗り越えるために、彼女はデジタルアートの複雑な世界に飛び込み、ベッドの上からタブレットで傑作を生み出しました。この適応が彼女の命綱となり、彼女の衰える体に課せられた制約を超える手段となりました。

彼女のアートを通じて、恵美子は窓の外の世界と繋がる方法を見つけました。「筋痛性脳脊髄炎」および「慢性疲労症候群」にもかかわらず、彼女はオンラインで作品を共有し、仲間のアーティストと賞賛者からなるサポートのコミュニティを築き上げました。これらのつながりが彼女の力の源となり、彼女が一人ではないことを思い出させてくれました。

課題があったにも関わらず、恵美子の旅は「筋痛性脳脊髄炎」と「慢性疲労症候群」の言葉を通じて人間の精神の抵抗力の証でした。彼女は毎日勇気を持って迎え、エネルギーの波と流れを受け入れ続けました。そして、「筋痛性脳脊髄炎」と「慢性疲労症候群」によって物理的に経験できなくなった美を描く中で、彼女は自らの苦闘の暗黒の隅さえも照らす希望の灯台を見つけました。

筋痛性脳脊髄炎_慢性疲労症候群_メイキング2

FAQ.

Q1. 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)ってどんな病気?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)は、原因不明の慢性的な全身倦怠感と、それに伴う多彩な症状が特徴の病気です。筋肉痛や関節痛、頭痛、脱力感、めまい、睡眠障害、集中力・注意力・記憶力の低下などがみられます。

Q2. どうしてME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)になるの?

ME/CFSの原因は完全には解明されていませんが、ウイルス感染やストレス、遺伝的要因などが関与していると考えられています。

Q3. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の症状はどんなの?

E/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の主な症状は、以下のとおりです。
全身倦怠感:安静時でも疲労感が強い(ME/CFSの特徴症状)
筋肉痛・関節痛
頭痛
脱力感
めまい
睡眠障害
集中力・注意力・記憶力の低下
その他にも、発熱、咽頭痛、リンパ節腫脹、胸痛、下痢、便秘、自律神経症状(動悸、息切れ、めまい、立ちくらみなど)、感覚障害(しびれ、感覚過敏など)、認知障害(記憶障害、注意力・集中力低下など)など、さまざまな症状がみられることがあります。

Q4. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)はどうやって診断するの?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)は、以下の基準を満たすことで診断されます。
– 発症から6か月以上、日常生活を送るのが困難なほど全身倦怠感がある(ME/CFSの特徴症状)
– 倦怠感は安静時でも改善しない
– 倦怠感に伴って、筋肉痛・関節痛、頭痛、脱力感、めまい、睡眠障害、集中力・注意力・記憶力の低下などの症状がある

Q5. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の治療法はあるの?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の根本的な治療法は確立されていません。対症療法として、休養、薬物療法、リハビリテーションなどが行われます。

Q6. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の合併症はあるの?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の合併症として、うつ病、不安障害、摂食障害、アルコール・薬物依存症などが挙げられます。

Q7. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)は治るの?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)は、完全に治らない病気と考えられています。しかし、適切な治療や生活習慣の改善によって、症状を軽減したり、日常生活を送れるようになる人もいます。

Q8. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の予防法はあるの?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の予防法は確立されていません。しかし、健康的な生活習慣を心がけ、感染症を予防することが大切です。

Q9. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)は再発する?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)は、再発しやすい病気と考えられています。再発を防ぐためには、無理をせず、自分の体調に合わせて過ごすことが大切です。

Q10. ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の未来の治療法は?

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)の根治を目指した研究が進められています。新しい治療法の開発にも期待が集まっています。

Leave a Comment