高次脳機能障害

この障害になる確率、
日本で約471人にひとり。

病気や交通事故などのさまざまな原因で、脳が部分的に損傷を受けたために起こる、言語や記憶などの知的機能の障害。新しいことが覚えられない、注意力や集中力の低下、感情や行動の抑制がきかなくなるなどの精神・心理的症状が出ることも。外見からはわかりづらいため周囲の理解が必要になる。

障害概要・数値の出典元:高次脳機能障害情報・支援センター(国立障害者リハビリテーションセンター)[2016年10月21日参照]

高次脳機能障害_メイキング1
高次脳機能障害_メイキング1

MY STORY

高次脳機能障害と知的障害、てんかんの症状があるTくん。
小学生の時は体力の問題で休むことも多かったけど、
今では毎日学校に通えるようになったそうです。
Tくんとお母さんに、お話を聞いてみました。

-障害がわかったときのことを教えてください。

3歳の時に集団食中毒によって脳にダメージを受けたことがきっかけで障害を抱え、本人は4歳の時に自覚したのですが、「病気する前に戻りたい」と言われ親子で泣きました。(お母さん)

今はそれが当たり前になったので、逆に自分の障害を意識することは少なく、「いつものこと」という感覚です。(Tくん)

-生活していて困ることはありますか?

急に疲れてしまうので体調の見通しが立たなかったり、記憶力が低いという症状も抱えているので、ちょっと先の自分を考えたり、振り返ったりするのは難しいみたいです。待ち合わせ場所を忘れて遅れてしまうことはよくありますね。(お母さん)

-まわりとの間に壁を感じることはありますか?

幼稚園では感じませんでしたが、小学校では勉強面での遅れや体力面の問題で早退や欠席などが多く、少し壁を感じることもありました。今は体力も増えたので、毎日学校に通えています。(Tくん)

また発症した時、住んでいた地域で初めての食中毒事件だったので、私たちが言うよりも先に報道で大々的に広がってしまい、私自身が「聞かないでオーラ」を出して地域の人との間に壁をつくってしまいました。でも、Tがおかまいなしにまわりを巻き込んでいってくれたおかげで、周囲が温かく接しようとしてくれていることに気づけ、オープンに暮らせるようになったんです。(お母さん)

高次脳機能障害_メイキング2
高次脳機能障害_メイキング2

FAQ.

Q1. 高次脳機能障害ってどんな病気?

高次脳機能障害は、脳の損傷によって、注意力・記憶力・判断力・学習能力・遂行機能などの高次脳機能が障害される病気です。

Q2. どうして高次脳機能障害になるの?

高次脳機能障害の原因は、脳卒中、交通事故、頭部外傷、脳腫瘍、脳炎、アルコールや薬物の乱用など、さまざまなことが考えられます。

Q3. 高次脳機能障害の症状は?

高次脳機能障害の症状は、以下のような多様な症状がみられます。
– 注意力・集中力の低下
– 記憶力の低下
– 判断力の低下
– 学習能力の低下
– 遂行機能の低下(計画・実行・整理・判断など)

Q4. 高次脳機能障害はどうやって診断するの?

高次脳機能障害の診断は、問診や神経学的検査、心理検査などによって行われます。

Q5. 高次脳機能障害の治療法はあるの?

高次脳機能障害の根本的な治療法は確立されていません。しかし、症状の改善を目的としたリハビリテーションや薬物療法が行われます。

Q6. 高次脳機能障害の合併症はあるの?

高次脳機能障害の合併症として、うつ病、不安障害、不眠症、自律神経失調症などが挙げられます。

Q7. 高次脳機能障害は治るの?

高次脳機能障害は、完全に治らない病気と考えられています。しかし、適切な治療やリハビリテーションによって、症状を軽減したり、日常生活を送れるようになる人もいます。

Q8. 高次脳機能障害の予防法はあるの?

高次脳機能障害の予防法は、脳卒中や交通事故などの脳損傷を予防することです。そのためには、健康的な生活習慣を心がけ、適度な運動やストレス解消を心がけることが大切です。

Q9. 高次脳機能障害は再発する?

高次脳機能障害は、再発しやすい病気と考えられています。再発を防ぐためには、無理をせず、自分の体調に合わせて過ごすことが大切です。

Q10. 高次脳機能障害の未来の治療法は?

高次脳機能障害の根治を目指した研究が進められています。新しい治療法の開発にも期待が集まっています。

Leave a Comment