広汎性発達障害

「広汎性発達障害」を持って生まれる確率は、日本では約1,955人に1人※といわれています。

コミュニケーション能力や社会的スキルに関わる脳の領域に関わる発達障害の総称。 これには、自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群が含まれます。 「広汎性発達障害」は見た目から判断することが難しく、障害があることに気づかずにさまざまな困難に直面している人もいます。 「広汎性発達障害」は親のしつけや教育の問題ではないことを理解することが重要です。

自閉症やアスペルガー症候群と診断されていない広汎性発達障害を持つ人の数。
障害の概要と数値の出典: e-stat 2014 患者調査 (政府広報オンライン) [2016 年 10 月 21 日参照]

広汎性発達障害

MY STORY

23歳の時に広範性発達障害と軽度の学習障害を抱えていると診断されたNさん。
障害がわかるまでは、乗り越えられないガラスの壁のようなものを感じていたそう。
Nさんが思うユニバーサルな社会とは?

-どんな障害ですか?わかったとき、どういう気持ちでしたか?

23歳の時に広汎性発達障害と軽度の学習障害だと診断されました。小さいころから周囲との違和感を感じていたので「あぁ、やっぱりね」という気持ちと同時に、「自分自身にやっと名前がついた」という気持ちも生まれました。名前がついて地に足がついたというか、ほっとしたような感覚です。

-まわりとの間に壁を感じることはありますか?

発達障害という名前がつくまでは、乗り越えたいけど乗り越えられないガラスの壁のようなものを感じていました。ですが、ここ最近は壁をつくっていたのは自分自身なんじゃないか、健常者と比べていることが壁をつくる原因だったのではないかと思えるようにもなりました。昔は3 mぐらいあった壁が、今は1 m くらいになって壁の向こうと握手ができるようになった感覚です。年齢を経て色々な経験をしたおかげかもしれないですね。

-ユニバーサルな社会にする上で必要なことは?

周囲とずれている人がいたとしても、周囲がそのズレを楽しめる心の余裕を持つことが大切だと思います。障害者と健常者という区別ではなく、おっちょこちょいだけど面白いよね、というふうに楽しんでいただけたら。欧米のように、日本も違いを楽しむ文化がもっと浸透したらいいですね。

FAQ.

Q1. 広汎性発達障害って何?

広汎性発達障害(ASD)は、脳の発達に起因する発達障害の一種です。コミュニケーションや社会的相互作用の困難さ、興味や関心の偏りなどの特徴があります。

Q2. 広汎性発達障害の種類は?

広汎性発達障害には、以下のような3つの種類があります。
自閉症スペクトラム障害(ASD) コミュニケーションや社会的相互作用の困難さ、興味や関心の偏りなどの特徴が幅広くみられる
アスペルガー症候群 コミュニケーションや社会的相互作用の困難さは比較的軽度であり、興味や関心の偏りが強い
非定型広汎性発達障害 自閉症スペクトラム障害やアスペルガー症候群の診断基準を満たさない広汎性発達障害

Q3. 広汎性発達障害の原因は?

広汎性発達障害の原因は完全には解明されていませんが、遺伝的要因や環境的要因の相互作用が関与していると考えられています。

Q4. 広汎性発達障害の症状は?

広汎性発達障害の症状は、年齢や個人差によって異なります。主な症状は、以下の通りです。
A) コミュニケーションや社会的相互作用の困難さ
– 言葉や身振り手振りなどのコミュニケーションが苦手
– 相手の気持ちや意図を理解するのが難しい
– 友達や仲間づくりが苦手
B) 興味や関心の偏り
– 特定の物事や活動に強いこだわりがある
– 興味や関心が偏り、他のことに興味を持てない
– 感覚過敏や感覚鈍麻

Q5. 広汎性発達障害の診断は?

広汎性発達障害の診断は、医師による問診や発達検査などによって行われます。

Q6. 広汎性発達障害の治療法は?

広汎性発達障害の根本的な治療法はありませんが、症状の改善を目的とした療育や支援が行われます。
1) 療育
– コミュニケーションや社会的相互作用のスキルを身につけること
– 興味や関心を広げること
2) 支援
– 学校や職場、家庭での支援

Q7. 広汎性発達障害は治るの?

広汎性発達障害は、完全に治癒することはありません。しかし、適切な療育や支援を受けることで、症状を軽減し、社会生活を送れるようになる人も多くいます。

Q8. 広汎性発達障害の予防法は?

広汎性発達障害の予防法は確立されていませんが、妊娠中の母親の栄養状態や生活習慣の改善が、予防につながる可能性があると考えられています。

Q9. 広汎性発達障害は再発する?

広汎性発達障害は、再発することはありません。

Q10. 広汎性発達障害の未来の治療法は?

広汎性発達障害の根本的な治療法の開発が進められています。また、療育や支援の質の向上も期待されています。

Leave a Comment